HDA

新暦で11月7日ころ。

 ここから冬が始ります。立というのは始まりのことです。

冬といってもまだまだ日本では秋たけなわ、実りの秋真っ盛りです。

と言いたいところですが、最近は「気候変動」という化け物のせいで、

秋もそして春もほとんどありません。

人類は本気でこのことの意味を考えなければならいのでしょう。


 冬は老化と関係した季節です。老化防止の作戦は数限りなくありますが、

一番は陰を養うこと、つまりゆっくり休むことです。

疲れを少しでも感じたその時にちょっと休憩するのもいいですね。

ちょっとした午睡(ひるね)はおすすめです。

昔からかなりのご高齢の方がお昼寝をしておられる

シーンに出くわすことは多いですよね。

それからこの季節は首回りや手首足首に注意が必要です。

足のくるぶし近くの「三陰交」を温めるのが簡単でいいですね。


 みのりの秋のこの季節は何といってもレンコンですが、

寒性の食べ物なので冷え性の方にはおすすめできません。

現代人は夜更かしや冷たいものの食べ過ぎによって

陰虚(体の芯は冷えているのに体の外がほてる)の

人が多いのですが、この陰虚をとるにはレンコンが最高です。

また、この季節はぶどうがいいですね。

ぶどうは平性なので暑がり寒がりどの体質の人にも合いますね。


 何にせよ、立冬は秋の終わり冬の始まりにあたり、

陽退陰生、万物は休養と収蔵の時期に入ります。

北風の季節になり寒さに向かうので、頭や足先、背中の保温にも注意しなければならい季節です。

「立冬に冬を補う」の風習があり、温かい物を食べることで低温を防ぎます。

立冬の養生では、陽気に配慮し寒邪が陽を傷つけないよう注意することが大事です。


 立冬の導引式は主に足の厥陰経筋を伸ばします。

足の厥陰経筋は足の親指に始まり、第三足指から分岐してくるぶしの前で結ぶ。

足の内側を伝って陰部で結び、各経筋に連絡すします。

両手を握って持ち上げながら息を吸い、吐く時は腰を回し、両手を左に押し出します。

頭を右に回し息を吸うことで、足の厥陰経筋をねじりながら引き上げます。

吐く時は頭を正面に戻し、両腕を横に広げて下ろします。

自分の状況に合わせて左右数回繰り返すといいでしょう。

PAGE TOP